価値を知るところに

日本のコミックスやアニメに比べて、アメコミはかなりマニアックな部類になってくることもあります。いくら映画などの作品になったとしても、その知名度の広さは国内のものにはかないません。ですが、レアなものになってくれば、日本では手に入らないようなものになってくることもあるでしょう。

それでも、買取側がその価値を知らなければ、二束三文の価値しかつけないことも出てきてしまいます。

これも需要と供給という部分になってきますが、売ることを考えれば大損といっていい状態です。正しい価値を知るというところでは、フィギュアの買取りを専門的におこなっているところが一番です。

アメコミ自体の価値を知っていますし、フィギュアとしての希少性も理解しているでしょう。

何よりも、販売することができるチャンネルを持っているため、高額査定をつけてくることがあるのです。

価値を知らないリサイクルショップなどでは、そのままショーケースにもいれずに売ってしまうことさえ出てきます。欲しいという人も現れないかもしれません。だからこそ、安く買い取るしかないのです。専門店であれば、欲しい人も探しにきます。

しっかりとした市場形成もできているのですから、価値のわかるところに査定に出すことが、買取りのセオリーともいえるでしょう。

→いつ売るのか

参考資料⇒買取コレクター